さまざまなジャンルを網羅するオムニバスアルバム「Agitation Clysis」 第5弾リリース決定! 新機軸はエモ・ラウドROCK!

LZLNV-013_WEB-PIX

多様化するインディーズシーンの活性化を目的としたオムニバスアルバム「Agitation Clysis」の第5弾「Agitation Clysis~Bush Out~」のリリースが9月14日に決定した。

「Bush Out」と名付けられた今作はシリーズ新機軸となる疾走感と躍動感にあふれるROCKバンドを集めた激ハイブリッドな作品となっており、いち早くこの音源に触れた、エンタメ総合メディア【SPICE】総合編集長の秤谷建一郎氏はこう語る。「ロックという定義は果てしなく広く、受け手側がどう感じるか、どう人に話すかによってもその趣は変わる。そういう意味で、このアルバムは僕としては「ロック」とも「パンク」とも「ポップス」とも色々な側面で捉えることができるんだけど、そういう意味でこのごちゃ混ぜで、今かっこいい音楽詰め込んだからとにかく聴いてくれ!と言われているような、このパッケージの主張自体が「ロック」なんだろう。まだまだ日本には、こんなに良質な音楽の才能の煌めきが眠っていて、聴くべき音はこんなにもあるのだと気付かされた。色々なしがらみも何もない状態でしか出しえない、彼らが放つ「衝動」と「ポテンシャル」を感じろ。」

注目の収録バンドは、
激情的かつ非常に美しいメロディラインと多様なシャウトが織りなすエモヘビーロックバンド「ALPHASE」、様式美と現代メタルコアが混ざり合ったサウンドクリエイトが特徴的な「Aziam」、青春パンクを聴いているような暑苦しさとエッジの効いたロックの爽快感を同時に楽しめる「Bakura」、メジャー感と開放感溢れるグッドミュージック「JUSTIN UNDER WORLD」、下北系ロックをベースに様々な要素を取り込みつつシンプルなサウンドを奏でる「Mr.EggPlant」、キュンとくるダンスロック「PHONICLINE」、直球でリスナーにバンバン投込むんだという衝動を感じる「Pulse Factory」、剥き出しで、感情的でエモいボーカルの「RED in BLUE」、エレクトロパンクの雄「RHEDORIC」、ラウドヘビー・メタル&エモメロバンド「RIGEL」、多くの仕掛けとブレイクダウン的アプローチに終始耳につくギターのフレーズが耳に残る「SIXXXXX」、ハスキーで伸びのある女声ボーカル横乗りロック「Spiral Staircase」のエナジー溢れるそのポテンシャルに触れずにはいられない12アーティスト。

インディペンデントで活動する良質のアーティストを紹介し続ける「Agitation Clysis」。
今作以降の展開にも要注目だ。

【タイトル正式表記】Agitation Clysis ~Bush Out~
【アーティスト名正式表記】Various Artist
【発売日】2016年9月14日(水)
【品番】LZLNV-013【価格】¥3,000(tax out)
【発売元】LIZARD NEO【販売元】FWD.Inc

■収録アーティスト
ALPHASE / Aziam / Bakura / JUSTIN UNDER WORLD / Mr.EggPlant / PHONICLINE / Pulse Factory / RED in BLUE / RHEDORIC / RIGEL / SIXXXXX / Spiral Staircase

  • このエントリーをはてなブックマークに追加